アニメ考察感想

サテラがスバルを愛している理由とは?出会いや気に入った理由を調査!

皆様、「Re:ゼロから始める異世界生活」通称「リゼロ」観ていますでしょうか??

今回は嫉妬の魔女「サテラ」が主人公「スバル」を愛している理由、また出会いや気に入った理由などをお話していきたいと思います。

※こちらの記事はネタバレや考察を含んだ記事となります。ネタバレに抵抗がある方、考察系が苦手な方などはご遠慮くださいませ。

では早速本題に入っていきたいと思います。

サテラがスバルを愛している理由とは?

アニメ2期9話で聖域に出現したサテラはスバルに対し「愛している」と言っていましたね?

ちなみにアニメ1期でもペテルギウスとの戦いの際にも、「愛している」とサテラは言っていました。

サテラはスバルと面識がはいはずなのにどうしてだろう。

きっとそう思った方は多いかと思います。

色々調査した結果3つ程こうではないかと言うものが出てきましたので、3つ紹介していきたいと思います。

エキドナと同じくサテラは精神体となってスバルの事を見ていた?

これを聞いてどうゆうこと?と思う方はいらっしゃると思います。

ネタバレになってしまいますが、サテラと嫉妬の魔女は実は別の人格なのです。

サテラという人物が元々存在していて、そのサテラが強制的に嫉妬の魔女因子を体内に取り込んでしまったのです。

ですが、サテラは嫉妬の魔女因子に適応することが出来なかった為、サテラの中に新たに嫉妬の魔女の人格が誕生してしまったそうなのです。

魔女教穏健派の司教「ジュース」が魔女因子を取り込み大罪司教「ペテルギウス」になってしまったのと似ていませんか?

このことがある為、サテラはエキドナと同じく精神体となり、今までのスバルの行動などをみてスバルのことを愛するようになったという考えが、サテラがスバルを愛している理由の一つと挙げられています。

サテラの意識はエミリアの中に潜み、エミリアを通してスバルのことを見てきた?

エキドナの精神世界「魔女の茶会」にサテラが現れた際に、スバルに対しサテラは感謝と愛を伝えます。

その内容が…

「私は、あなたを愛しています。あなたが私に光をくれたからです。

あなたが、手を引いて外の世界を教えてくれたからです。

あなたが1人になった私を、1人じゃないと口づけてくれたからです。

私はあまりに多くをあなたにもらいました。

だから、私はあなたを愛しています。あなたが、あなたが私に全てを与えてくれたからです。」

この内容を見て少し思いませんか?

スバルがエミリアのためにしてきた行動に似てるなぁと。

例えば、「あなたが手を引いて外の世界を教えてくれたからです。」の部分、これはスバルがエミリアをデートに誘ったシーンを連想させます。

それともう1つ、「あなたが1人になった私を1人じゃないと口づけてくれた」の部分、これは銀髪ハーフエルフと世間から罵られ、孤立していたエミリアをスバルが励ましましたよね?それに加え、聖域の試練ではアーラム村の人達からの信頼を得ることが出来ました。

この事から、サテラの意識はエミリアの中に潜み、エミリアを通してスバルの事を見てきたという説が2つ目に挙げられています。

 

ここまでの2つの考えを見て、作者が感じたのはどちらの線も有り得なくなく、濃厚だなとは思いますが、個人的には2つ目に挙げた「サテラの意識はエミリアの中に潜みエミリアを通してスバルを見てきた」という方が好きですね。

 

3つ目のサテラがスバルを愛している理由なのですがこちらは出会いの部分にも関わってきますので、後ほどご紹介したいと思います!

ちなみに3つ目の理由をお話しする時に先ほどご紹介した2つ目の理由「サテラの意識はエミリアに潜み、エミリアを通してスバルを見ていた」の話も出会いの項目で追加で少々お話しさせていただきますので是非最後までご覧になってくださいませ。

とりあえず、サテラがスバルの事を愛している理由については一旦終わらせていただきます。

 

次はサテラとスバルの出会いや気に入った理由について話していきたいと思います。

サテラとスバルの出会いや気に入った訳は?

サテラとスバルの出会いについてはっきりとは明かされていませんが、調査したところ、最も有力な設定では無いかという説が挙げられていました。

それは「スバルは前世でリゼロ世界に生きていた」という説です。

こちらの説は簡単にまとめますと、サテラとスバルは400年前に出会っており、そこで相思相愛又はそれに近い関係にあったのではないかと言われています。

こちらの説にも上記で書いたサテラが魔女の茶会に現れた際にスバルに対して感謝と愛を伝えた際に伝えたメッセージが関わってくるのですが、このメッセージを読むと明らかにサテラはスバルと出会っている様子が伺える事からこの説が湧いてきたそうです。

ここからは上記のスバルがサテラを愛している理由とは?での3つ目の理由に関わってくるのですが、この「スバルは前世でリゼロ世界に生きていた」という説ではリゼロの世界では今現在、亜人と人間が一緒に暮らしていますが、50年ほど前では亜人と人間が戦争をしていたこともあったので、その戦争よりももっと前の400年前となると人間と亜人のハーフは大きな差別対象になってしまっていた時代もあったのではないか。

そしてサテラはハーフエルフでそんな時代に生きていたハーフエルフのサテラは迫害を受けていて、前世のスバルが救ったのでは無いかという内容なのですが、この内容からしたら、迫害を受けていたサテラからしたらスバルのことを愛してしまうのにも頷けてしまいますよね?

 

こちらの出会いの説と3つ目の愛している理由に基づきますと、前世のスバルが今現在のスバルと性格が同じであれば、少しうざく空気が読めない性格ですが、塞ぎ込んでしまった人間からすると元気付けられそうですし、サテラがスバルの事を気に入ってしまうのもおかしくはないですよね?

 

この有力な設定とされている前世でサテラとスバルは出会っていると言う説が濃厚なら出会いはもう今現在のスバルは覚えていないでしょうが、400年前に出会っていると言うことになるでしょう。

上記でのサテラがスバルの事を愛している理由で紹介した2つ目の「サテラの意識はエミリアの中に潜み、エミリアを通してスバルを見ていた」も言うてなればこの出会いの項目に関わって来そうですよね?

サテラがエミリアに潜んでいたならスバルが気づかぬうちにサテラとスバルは出会っていたと言うことになります。

サテラの意識がエミリアに潜んでいたなら、アニメや原作を見ていたり読んでいたりすると薄々感じますが、エミリアがスバルの事を気になっていくように、サテラもスバルの事を気になってしまってもおかしくない話です。

サテラがスバルを愛している理由まとめ

以上で[サテラがスバルを愛している理由]と[サテラとスバルの出会いや気に入った訳]についての考察を含めた調査結果のご紹介はおしまいです。

リゼロを見ているとこの作品はそのまま見ると言うよりもきっと考察などを取り入れるとより一層楽しめる作品になっていると思いますので、こうして様々な方の考察や意見などがあって面白いですよね!

調査結果を基に作者の考察も取り入れて今回の記事を書きましたが、皆様がグッと来た説はありましたでしょうか?

あったとしてもなかったとしても、皆様が思った事や考えたものがこの作品の全てかと思われますので、こう言った考えもあったのかぁと思っていただける記事になっていたらいいなと思います。