アニメ考察感想

【リゼロ】レムが人気の理由やラムが不人気の理由について解説!

皆様「Re:ゼロから始める異世界生活」通称「リゼロ」見ていますでしょうか?

今回はリゼロに出てくるキャラクター「レム」が人気の理由、またレムの姉「ラム」が不人気の理由について話していきたいと思います!

※レムやラムのことをお話しするにあたり多少のネタバレなど含まれております。あらかじめご了承下さいませ。

この記事はあくまでレムの人気に比べ、ラムの人気が低い訳について作者の考え、調べた情報によって作っている記事になりますので、決してラムのことを悪くいうつもりはございませんのでご理解いただけると幸いでございます。

では早速本題に入っていきたいと思います。

まず最初に二人を比べるためにも軽くレムとラムの特徴などをご紹介していきたいと思います。

【リゼロ 】双子の妹「レム」の特徴

レムの見た目は青髪のショートカットで胸が大きく鬼でありロズワール邸のメイドさんでもあります。

双子の妹であり、姉のラムのことを非常に慕っていて大事にしています。

主人公スバルに恋をしていて、ふられてもレムは変わらずスバルのことを想っています。

垂れ目で可愛い見た目をしていますが、とても強く、かなりサイコパスな一面もあります。

武器はモーニングスターを使い、魔法は治癒魔法と氷系の魔法を使います。

料理、掃除、裁縫などなんでも器用にこなすことができます。

性格は優しく乙女であり、純粋で頑張り屋さんで健気な性格をしています。

【リゼロ 】双子の姉「ラム」の特徴

ラムの見た目は髪色が赤寄りのピンクで髪型はレムと同じくショートカットです。

双子の姉で妹レムと比べ胸は小さいがレムと同じく鬼で、ロズワール邸のメイドさんです。

妹レムをとても可愛がっており、ロズワールにだいぶお熱な一面を持ち合わせています。

料理はふかし芋くらいしかできなくて、掃除や裁縫なども妹のレムの方ができます。

猫目というかキリッとした目つきをしていて、強さも妹のレムの方が一枚上です。

ラムには武器はなく、千里眼や風系の魔法を使います。

性格はサバサバしていて、かなり毒舌で優しいところもありますがあまり表に出さなかったり表情に出しません。

大体簡単に軽くこの鬼姉妹を説明するとこんな感じでしょうか?

レムが人気の理由とラムが不人気の理由について考察

今回の本題であるレムが人気の理由とラムが不人気の理由について話していきたいと思います。

胸の大きさ

やはり、色々な方の意見を見て思ったのは胸の大きさの違いもあるのかとは思いますね。

胸が小さいラムよりも胸がお大きいレムの方が人気がある理由の一つかと思われます。

見た目・容姿

髪型などはそっくりな鬼姉妹レムラムですが、目つきなどは違い、妹のレムは垂れ目で可愛らしい顔つき、姉のラムは目つきなどがキリッとしていて美人寄りの顔つきであり、可愛い系の顔つきをしているレムの方が人気の一つであるかなと思います。

あとは表情も妹のレムは笑ったり泣いたり拗ねたり、怒ったりと表情豊かですが、姉のラムはなかなか表情が変わることはなく、無表情が平常運行です。ラムはクールなキャラクターなので、そこもレムの方が人気がある理由の一つなのかなと思います。

性格

妹のレムは純粋で頑張り屋、健気という性格をしていますが、ラムは純粋さはなく、サボり癖などがあり、頑張り屋とは少し遠い性格をしていて基本的にロズワール以外の人には誰かに尽くしたりなど、何かを一生懸命頑張るなどと言った健気さはないので、そこもレムの方が人気がある理由の一つかなと思います。

あとは言葉が綺麗だったり優しさが見える言葉を掛けるレムと比べ、ラムは毒舌で基本的に冷酷的な言動をするのでそこもあるのかなと思います。

レムとラムの過去話

レムとラムが幼少期に魔女教徒が襲ってきたシーンがあったかと思いますが、その回ではラムの方がレムよりも強さも家事や料理など何をするのにも上で、そのことによって姉のラムと比べられながら生きてきたレム。

魔女教徒がレム・ラムが住んでいた村を襲ってきたことによってレムの目の前でラムはツノを折られてしまうというシーンがありますが、そのことにより、ラムは今までの力を失ってしまいます。

レムはそんなラムの代わりになろうと沢山の努力を積み、強さも料理、洗濯、掃除、裁縫などの家事もラムよりできるようになるのですが、そのシーンでのレムの可哀想な一面やその中でも頑張っている姿などはレムの人気が増した理由ではないかと思います。

キャラクター性が変わる一面

レムはラムに比べて、キャラクター性が変わるところがやや多いかと思います。

最初の頃のレムは口数が少なく、表情もあまり変える様子などもなかなか見られなかったかと思いますが、話数を重ねていくにつれ、表情豊かになったり素直な一面が見られたりします。

上記でも書いた通り完璧になるまでの頑張り屋さんな一面や鬼化した時のサイコパス的な一面など話数を重ねるにつれ、レムはかなりキャラクター性が変わったかと思いますが、

それに比べてラムは最初からあまり変化がなく、取り乱すくらい感情をあらわにしたのも、レムが死んでしまった時にスバルに対してキレたシーンのみと言っても過言ではないでしょう。

最初と比べどんどん良さが出てきたキャラは人気が高まることは珍しくはなく、逆に人気が増す傾向があるのでレムが人気の理由として挙げられるのかなと思います。

人間はギャップや最初の印象が悪かったのが良い印象に変わったりなどそういうのに惹かれるところがあるかと思いますので、あまり変化がないラムはレムに比べ不人気と言われてしまう一つかなと思います。

スバルを想うレム、ロズワールにお熱のラム

主人公スバルはヒロインのエミリアのことが好きでそれをわかっている上でレムはスバルに告白しフラれるも諦めることはなく、そして邪魔をするわけでもなく一途にスバルのことを想う健気な姿はレムファンの胸を刺したところでもあるかなと思います。

ラムはロズワールのことを想っていますが、このロズワールが一期から悪役臭がし、あまり良い印象がないこともあり、そんなロズワールにお熱なところはラムの不人気の理由の一つになってしまっているのではないかと想っています。

 

ここまでレムが人気の理由とラムの不人気の理由をレムラムを比べて書いて来ましたがいかがだったでしょうか?

作者はリゼロの中でレムが一番好きで推しなのですが、ラムの事を嫌いには想ってなく、むしろラムのことも好きです。

最後に作者がいいなと思ったラムの一面などを少し書いて終わりにしたいと思います。

作者がいいなと思うラムの一面①

毒舌でクールで冷たいイメージがあるラムですが妹想いで、なんだかんだスバルのことも大事にしていて、毒舌ながらも勉強を教えたり、仕事を教えたりなどキャラクター性的に直接的にドーンと伝わるわけではないけどちゃんと優しいところ。

作者がいいなと思うラムの一面②

くしゃみが「へクション」とかではなく「へクチ」というところが可愛い。

「ラムの得意料理はふかし芋よ」とドヤ顔で言っているところがとても可愛い。

作者がいいなと思うラムの一面③

映画「Memory Snow」でのレムは絶対そんなことにしないでしょというくらいのふざけた事を言うシーンがあり、いつものクールで冷酷な一面に比べおちゃらけたところがギャップで可愛い。

以上で作者がいいなと思うラムの一面はおしまいです。

レムが人気の理由やラムが不人気の理由まとめ

今回の記事はレムが人気の理由についてとラムが不人気の理由についてでしたがいかがだったでしょうか?

レムは確かにリゼロのキャラの中でとても人気が高いなと思いますが、ラムも決して不人気なわけではなく、あくまでレムに比べて人気が低いだけであると作者は思っています。

それにラムにもちゃんとファンがたくさんいらっしゃって、なかなか根気強いファンの方々が数多くついていらっしゃいます。

人気、不人気関係なくご自身が好きなキャラクターを推しとして愛でていれば世界和平和でいられると作者は思っています。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。