コスプレ

コスプレ衣装やメイク道具・イベント参加の準備について紹介!

コスプレをしたいキャラクターがあり、いざ挑戦となっても何を準備したらいいか初心者さんは戸惑うことが多いです。

コスプレをするのに、必要なものはたくさんあります。

衣装準備からイベント参加までの準備はみんな一緒なので参考にしてみてください。

キャラクターに関するものを準備しよう

やりたいコスプレキャラの衣装を準備する

コスプレをするにあたり、一番必要なのはやりたいキャラクターの衣装です。

最近は通信販売やオークションで手頃な値段の衣装が販売されていて、手に入りやすくなっています。

衣装・ウィッグ・武器の一式セットで販売されているものもあり準備は簡単です。

まずはやりたいキャラクターの衣装を決め、購入しましょう。販売先によっては、手元到着までに時間や日数もかかる場合があります。

到着した衣装はすぐに確認をしましょう。手直しが必要だったり、場合によっては交換などもあります。

ギリギリ購入ではなく、参加するコスプレイベントを決め、逆算して準備するのがベストです。

ウィッグを準備する

衣装の準備が終わったら次には、ウィッグの準備をしましょう。

ウィッグのカラーは豊富です。

同じ黒色のウィッグでもウィッグを販売しているお店によって、青や緑が混じっているミックスカラーなども展開されていて、選ぶのは苦労します。

そこで簡単に準備ができるのはキャラクター専用に作られたウィッグです。

全てのキャラクターのウィッグが売られているわけではありませんが、人気作品に出てくるメインキャラクターは販売がされているので利用するのがいいですよ。

コスプレのメイク道具とカラコンの準備をする

メイク道具は普段使っているもので大丈夫です。

コスプレメイク用品もウィッグ販売店ではオリジナルで販売されているので、日常用とコスプレ用と分けるのもいいです。

ほとんどの人は普段使っているものを利用しています。金銭面を考えると併用したほうがいいですね。

基本の道具として、

  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー
  • カラーコントロール は必須です。

化粧下地

皮脂によるメイク崩れを抑える下地からファンデの乾燥を防ぐもの、毛穴をカバーするものがあるので自分にあったものを選びましょう。

ファンデーション

顔のシミやそばかす、毛穴の凹凸などを隠し、肌の表面を綺麗に整えてくれます。
色黒肌のキャラには濃いファンデーション、白肌のキャラには少し明るめのファンデーション、これらを使い分けることでよりキャラに近づけることができます。

コンシーラー

ファンデーションだけでは隠しきれない、シミやニキビ跡、クマなどを部分的に集中して隠してくれる化粧で部分用ファンデーションとも言われています。

リキッドタイプとスティックタイプがあります。

カラーコントロール

自分の肌の悩みを色を使って補正するアイテムです。グリーン・ブルー・オレンジと色が多く自分にあったものを選びましょう。

カラコンを準備しよう

カラコンはカラーバリエーションも豊富に販売されています。ウィッグを販売している専門店で購入するのがおすすめです。

ウィッグと一緒にカラコンも買えるので注文は一緒にするといいですよ。

度あり、度なしでも販売があるので自分の目にあったものを購入しましょう。コンタクトもカラコンも「高度管理医療機器」と呼ばれています。

副作用・機能障害を生じた場合の人体へのリスクが高いものになるので間違った使用はやめましょう。

コスプレメイクに必要なポイントメイク道具!

ベースメイクが出来たあとはポイントメイクで一気にキャラクターへ近づけます。コスプレと言っても、普段使用しているメイク道具で大丈夫です。

ポイントメイク必需品①アイシャドウ

眼の回りやまぶたに陰影をつけることで立体感を出すことができる化粧品です。
今は何色も入ったパレットがあるのでおすすめです。

ポイントメイク必需品②アイライナー

線の引きかた一つで印象が変わります。キャラクターの形になるように線を引きましょう。
一般的なつり目・タレ目・ネコ目は練習しておくといいです。

ポイントメイク必需品③アイブロウ

キャラクターと同じ眉色を使い、眉の調整をしましょう。

キャラクターの眉はカラー眉が多いです。コスプレメイク用品でカラーアイブロウが販売されているので購入するといいですよ。

ポイントメイク必需品③シェーディング

顎のラインや小顔に見せるために使います。

シェーディングをすることではっきりと影際立たせることができるのでおすすめです。

ノーズシャドウもあるので鼻筋に使うと彫りが深くなりますよ。

ポイントメイク必需品④ハイライト

鼻に引くと鼻が高く見えたり、顎・額・目の下に引くと立体感が出ます。

明るくなるので健康肌に見えますよ。ただしつけすぎには注意しましょう。ナチュラルに見せるようにするのがいいですね。

あると便利な小物類!持っていると焦らない

キャラクターには顔に模様や付け睫をつけていることがあります。メイク途中で焦ることがないように持っていると便利なものを紹介します。

付け睫

荷物になりますが、付け睫は何個か同じものを持っていくのがおすすめです。

一つではボリュームが足りなかったなど、イベントではよくあることなので鞄に入れておくのがいいですよ。付け睫は種類も豊富でキャラクターに合わせて買いましょう。

ピンセット

付け睫や顔にストーンなどを貼り付けるときに使うと便利です。

付け睫は細くうまくつけられない時、ストーンや細かいパーツをつける時に使うといいですよ。

手でつけるには限界があります。使いやすいので持っているのがおすすめです。

メイクスポンジ

ファンデーションなどを塗るときに活躍します。

スポンジは使うことで、ボロボロになったりと劣化します。衛生的にもよくないので定期的に交換しましょう。

メイク落とし

メイク直しやイベント終了後のメイクを落とすのに使います。何枚も使うので出来れば大容量タイプを購入しましょう。

色々な種類が販売されているので自分の肌にあったものを選ぶといいです。

イベント参加に必要なものを準備しよう

イベント参加には実際に自分がキャラになり切るためだけのメイク道具や衣装だけではありません。実際にイベント会場に向かうために必要なものやイベント中に必要なものがありますので、紹介していきたいと思います。

荷物を入れるのはキャリーケースがおすすめ

衣装やウィッグの準備が終わり、いざイベント参加となるのですが、荷物をどう持っていくのか分からないこともありますよね。

多くの人はキャリーケースを利用して、衣装やウィッグを入れています。持っているようであればイベント参加に使うのもいいですよ。

キャリーケースは一般的なサイズ(一泊二日用)で衣装・ブーツ等入るので大きなサイズにすることもありません。

またキャリーケースがなくても、福袋などの大きなバッグやボストンバッグ、ショップ袋等を代用している人もいます。

荷物を入れるのはキャリーケースじゃないと絶対ダメということではないので安心してくださいね。

イベント参加に関して事前にチェックする

イベントには事前に入場チケットを購入しないといけない、武器の持ち込み制限など、それぞれ注意することがあります。参加するイベントを調べ、事前に準備をしましょう。

武器持ち込みが禁止の場合、会場に持っていくことはできません。

また入場チケットも事前に販売されているものでしか入れない、当日券販売がない等もあります。事前に調べておきましょう。

コスプレ衣装やメイク道具・イベント参加の準備まとめ

  • コスプレ衣装を準備する
  • 衣装購入は早めにする
  • 手直しや交換の可能性もあるので手元に到着したら、すぐ確認する
  • ウィッグはカラー豊富で、ウィッグ販売店によって微妙にカラーが違う
  • ウィッグセットが簡単なキャラクターウィッグを使う
  • メイク道具は普段のものでOK
  • 眉はカラーアイブロウを使い、キャラクターと揃える
  • 付け睫や細かいパーツを使うときはピンセットが便利
  • メイクスポンジは使うと劣化するので定期的に交換
  • 荷物を入れるのはキャリーケースがおすすめ
  • キャリーケースがなくても、ボストンバッグやショップ袋でも代用できる
  • イベント注意事項を事前にチェック
  • 武器持ち込みや入場方法は特に調べておく

一度準備をすると一連の動きが分かり、次のイベント参加には簡単に終わらせることができます。忘れやすいものはメモをして当日忘れないようにしましょう。

ウィッグや衣装、ブーツは忘れ物が一番多いです。メモをしておくと確実に忘れませんよ。楽しくコスプレしてくださいね。