コスプレ

コスプレメイクと道具を揃えてキャラに近づけよう!必需品道具の紹介と使い方を紹介で初心者も簡単!

キャラに近づけるために一番力を入れないといけないのは「メイク」です。

最近では男性コスプレイヤーさんも増えてきたこともあり、「コスプレメイク用品」も充実してきました。

今回はコスプレ必需品のメイク道具と使用方法を紹介します。

コスプレメイクは男性でも女性でも基本は同じでなのですが、普段使用している化粧品にプラスするだけでも違うので試してみましょう!

キャラによって部分的にメイクは違いますが全部が特殊ではありません。初心者さんでも普段メイクしている方法は使えますで、安心してくださいね!

コスプレメイクをはじめる前の事前準備!スキンケアはしっかりと!

スキンケアを一言でいうと

  • 肌を手入れする
  • 肌を保護する化粧品

です。

このスキンケアをするかしないかで化粧のノリ方が変わることを知っていますか?

毎日メイクをしていると刺激で肌が痛んだりと目には見えないダメージを受けており、これを「化粧水」「乳液」「美容液」「保湿クリーム」で補うことで肌を正常に保たせています。

スキンケアを怠らない事で、肌を柔らかくしてくれますよ!

肌を保護する力が弱いとメイクをしてもノリが悪く、不健康にも見えたりします。面倒に思わず普段からスキンケアを意識するのもいいです。

最近はオールインワン化粧品が出ているのでそちらを使うのもいいですよ。

イベント当日にケアをせず、いきなり化粧をしはじめるのはやめましょう!逆に肌荒れをおこす場合もあります。

男性も同じです。スキンケアをしっかりして肌を保ちメイクをしましょう!今は男性用の化粧水や乳液もでているので使ってみてくださいね。

コスプレしたいキャラに合わせる土台づくりのメイク道具を紹介!

スキンケアが終わったあとは本格的なメイクに入ります。ここで必要な道具は

  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー
  • カラーコントロール

の4つです。詳しく見てきましょう!!

化粧下地

ファンデーションのノリを良くさせ、化粧を崩れないようにしてくれます。ファンデーションが毛穴に詰まるのを防ぎ、肌の保護・化粧を落としやすくさせる効果もあるので必ずしましょう。

UVが入っている化粧下地もあるので使うことをおすすめします。屋外での撮影をすると紫外線を受けやすく日焼けや肌トラブルの原因にもなるのでしっかり対策しておくといいです。

ファンデーション

顔のシミやそばかす、毛穴の凹凸などを隠し、肌の表面を綺麗に整えてくれます。キャラに合わせたファンデーションを使いましょう。

  • 色黒肌のキャラには濃いファンデーション
  • 白肌のキャラには少し明るめのファンデーション

これらを使い分けることでよりキャラに近づけることができます。

化粧品メーカーやコスプレ専用化粧品どちらでも取り扱いはあります。調べてみてください。

コンシーラー

ファンデーションだけでは隠しきれない、シミやニキビ跡、クマなどを部分的に集中して隠してくれる化粧品部分用ファンデーションとも言われています。

眉を消したり、男装の時は唇を消すこともできるので購入しておくといいです。スティックタイプとリキッドタイプがあります。スティックタイプが使いやすいです。

カラーコントロール

自分の肌の悩みを色を使って補正するアイテムです。グリーン・ブルー・オレンジと色が多く自分の肌にあったものを選びましょう。

使うことで気になるところがカバーされます。カラーコントロールシートも利用してみると購入するとき失敗しません。

この土台が出来上がるとアイメイクやアイブロウといった細かいメイクに進むことが出来ます。

目元が一気に変わるコスプレメイク道具を紹介!

土台ができあがったら、アイライナーやアイブロウでキャラに近づけるメイクがはじまります。余談ですがカラコンを入れるのは化粧をはじめる前かアイメイクをする前には終わらせましょう。

メイクが終わってからカラコンを入れるのはNG…

せっかくできあがったメイクが崩れてしまいます。早いうちにいれましょう!

キャラに近づけるポイントメイク必需品

アイシャドウ

眼の回りやまぶたに陰影をつけることで立体感を出すことができる化粧品です。このアイシャドウをするかしないかで顔の印象が変わります。またアイシャドウにはラメが入っているので男装・女装関係なくしておくと目元が明るくなります。

キャラによって色を使い分けましょう。今は何色も入ったパレットがあるのでおすすめです。王道カラーはブラウン、一つ持っておくと便利です。

アイライナー

一番重要なアイライナーで目元用とダブルライン用の二つを準備するのをお勧めします!こでキャラに一気に近づくことができます。キャラのほとんどはダブルラインがアニメでも漫画でも描かれていますよね。目も大きく見せることができます。

目元の線の引きかたと目を大きく見せることで印象が変わるのでキャラに合わせましょう!一般的なつり目・タレ目・ネコ目のラインの引き方は練習しておくといいですよ

アイブロウ

アイライナーの次に大事なアイブロウです。

ここも一番重要で、キャラと同じ眉色を使い、眉の形を整えながら書きましょう。自分の眉を消したあとに書くと違和感がありません。

眉を剃らなきゃいけない!?と思ったかもしれませんが、コンシーラーで消せば大丈夫!剃らずにコスプレすることができます。コンシーラーはここでも大活躍ですね。

キャラの骨格に近づけるコスプレメイク道具

シェーディング

顎のラインや小顔に見せるために使います。シェーディングをすることではっきりと影際立たせることができるのでおすすめです。

ノーズシャドウもあるので鼻筋に使うと彫りが深くなりますよ。ノーズシャドウは男装をする時に使いましょう。女装でも使えますが男装のときよりも薄くのせるようすることでより女の子になります。

ハイライト

立体感を更に出すのに使います。鼻に引くと鼻が高く見えたり、顎・額・目の下に引くと立体感がでてきます。

明るくなるので健康肌に見えます。ただしつけすぎには注意しましょう。ハイライトをつけていますとわかってしまうのでナチュラルに見えるようにしましょう。

コスプレメイクにあると便利な小物達

基本メイク道具とその効果について紹介しました!ここでは基本メイク道具に加えてあると便利なものを紹介します。百円均一で揃えられることもできるものです、利用してみてください。

つけまつげ

一組でしか売られていませんが種類も豊富でキャラに合わせて買うことができます。同じキャラを何回もするときは何組も入っているタイプを購入すると便利です。

ピンセット

つけまつげをつける時や顔にシールを貼ったりすることに使うと便利です。つけまつげは細くうまくつけられない人はピンセットを使うといいですよ。

慣れてくれば手でつけることもできます。不安な人は利用しましょう。

メイクスポンジ

ファンデーションなどを塗るときに活躍します。使うことで密着度もあがります自然な仕上がりです。大容量で販売されているのでお得です。

手で塗る人もいますが、途中で更衣室を出て手を洗いに行くことができません。メイク落としで拭き取ることもできますが、完全に落とすことは難しいです。また衣装に着く可能性もあります。汚れるのは嫌ですよね。

スポンジは使う頻度が多いのでボロボロになったりと劣化します。定期的に交換し衛生面を保ちましょう。

メイク落とし

必須アイテムです!イベント終了後、メイクを落とすのに使います。何枚も使うので出来れば大容量タイプを購入しましょう!

色々な種類が販売されているので自分の肌にあったものを選ぶといいです。

初心者でも簡単!コスプレメイクの必需品道具と使用方法まとめ

メイク道具はそれぞれの役割があり、使うことで華やかになります。

またコスプレメイク専用用品として、下地・ファンデーション・カラーアイブロウが販売されています。

男性・女性関係なく使えるので調べてみるといいですよ。そして、メイクは衣装に着替えてからやりましょう!衣装が汚れてしまいます。装飾品は最後でもいいですが出来るだけ終わらせるようにしておくといいですね!

今回紹介したメイク道具は一例です。コスプレするキャラによってどんどん道具が増えてくるので片づけもしっかりしましょう!

メイク一つでキャラに近づけられます。他の人のメイクを見て勉強するのもいいですね!